文字サイズ

【12月7日のカムカムエヴリバディ】第27話 きぬの店の片隅でおはぎを売る安子とるい だが千吉は…

雉真家で千吉からの言葉に戸惑う安子(上白石萌音)
「水田屋とうふ」で、るい(中野翠咲・中央)に「たちばな」のことを話すきぬ(小野花梨・左)と安子(上白石萌音)
2枚

 史上初3世代のヒロインを描くNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(月曜~土曜8時・土曜は1週間振り返り放送)。12月7日は第27話が放送される。安子はるいのために…。

 安子(上白石萌音)は、幼なじみのきぬ(小野花梨)の力を借り、「水田屋とうふ」の一角に作ったおはぎを置かせてもらい、ささやかな商いを始める。それはるいの額の傷の治療費を稼ぐためでもあった。しかしある日、千吉(段田安則)からるいを連れておはぎを売り歩くことを反対されてしまう。安子は、るいの世話を女中の雪衣(岡田結実)に任せ、ひとつでも多くのおはぎを売るために奔走する。

 昭和から平成、そして令和へ。朝ドラ史上初の祖母・母・娘による3世代のヒロインが、ラジオ英語講座と共に歩む姿を描く、波乱万丈のハートフルコメディー。英語も含む語りを俳優の城田優、音楽を米米CLUBなどのバンドや作曲など幅広い活動で知られる金子隆博が担当する。主題歌「アルデバラン」は森山直太朗による作詞作曲。アラビア語で”後に続くもの”という意味を持つこの歌を、AIが魂をこめて歌いあげる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス