文字サイズ

福原遥「うれし涙です」22年後期朝ドラヒロイン決定「ずっと夢」4度目挑戦で!

 連続テレビ小説「舞いあがれ!」のヒロインに決まり、会見で涙を流す福原遥
 白を基調した衣装で登場=NHK大阪放送局(撮影・山口登)
2枚

 NHKは25日、2022年後期のNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」のヒロイン・岩倉舞を、女優の福原遥(23)が演じると発表した。ものづくりの町・東大阪と自然豊かな長崎・五島列島を舞台に、引っ込み思案だった主人公が空を飛ぶ夢に向かう姿を描く。大阪放送局で発表会見に登場した福原は、オーディションを勝ち抜いてのヒロイン抜てきに「ずっと夢見ていた」と感涙した。

 真っ白なミニスカート&ブラウスで登場した福原は、「うれし涙です」と冒頭から瞳を潤ませ「自分もいつか明るいパワーを届けたらとずっと夢見ていました」と念願のヒロインに選ばれた喜びを語った。

 朝ドラのオーディションは4度目の挑戦。「最終選考にも進んだことがなかった」23歳が、2545人の応募を勝ち抜いた。制作統括の熊野律時氏(47)は「柔らかい明るさが魅力の方。福原遥さん以外にはいない」と起用理由を明かす。

 子役から活躍していた福原は、09年~13年に同局で放送された子供向け料理番組『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』で、主人公の柊まいんを演じたことで「まいんちゃん」として、広くファンの間で親しまれていた。今回は“まいん”から“舞”での凱旋。「NHKさんは家族のような存在」と表現した。

 子役時代から、学業と仕事の両立の悩みを抱えていたという。支えになったのは朝ドラヒロインの姿だった。中でも「心を動かされた」のが、11年後期に放送された「おひさま」。須藤陽子を演じた井上真央(34)に勇気づけられたという。「どんなにつらくても、笑顔で逆風を切り開いていく。そんな姿を見て、笑顔でいればいいんだと」と感謝する。

 来年春にクランクインの予定。埼玉出身だけに「関西弁は勉強中」と明かし「私なりに少しでも頑張ろうと思ってもらえる時間を作れたら」と意気込んだ。

 ◆福原遥(ふくはら・はるか)1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。05年に子役デビュー。09年3月放送開始のEテレ「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」の主人公「柊まいん」役で注目を集める。天性の美貌を生かし、12年からファッション雑誌「ピチレモン」で専属モデルを務め、17年には映画「女々演」で初主演。ドラマでは放送中の日本テレビ系「アンラッキーガール!」で主演として活躍中。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス