文字サイズ

五木ひろし 紅白「終了」 不出場表明、71年から50回連続出場でピリオド

 歌手・五木ひろし(73)が大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」に出場しないことが17日、分かった。この日、大阪・新歌舞伎座で開催したデビュー50周年記念コンサートの最終公演で、ファンに直接伝えた。昨年の紅白では、初出場の1971年からの連続出場記録が50回に到達。出場回数も北島三郎(85)と並んで、50回の歴代最多タイとなっていた。五木はステージ終盤に、「喜びを胸に終了したいと思います」と紅白にピリオドを打つことを宣言した。

 関係者によると、五木にとって特別なラッキーナンバーである「5」にちなんだ金字塔を昨年樹立したことで、決断したという。

 ラスト紅白となった昨年は、「山河」の歌唱直前に「みなさまに支えられたどりついた、50回連続出場。私にとっても大きな区切りとして、万感の思いを込めて歌います」という五木のコメントが紹介され、過去のVTRも盛り込まれる中で熱唱。歌い終えると司会陣に向かってサムアップを決めて、深く頭を下げていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス