文字サイズ

ABCテレビの女性アナウンサーがコロナ感染 桂紗綾アナが発熱でPCR陽性

 朝日放送テレビの桂紗綾(かつら・さあや)アナウンサー(36)が、新型コロナウイルスに感染したことが26日、わかった。同局が発表した。

 同局によると、23日に同居家族が発熱したため自身も検温したところ37・5度で、翌24日に医療機関でPCR検査を受け、25日に陽性が確認されたという。

 現在、桂アナは発熱以外に症状はなく、自宅で療養しているとした。毎週金曜日に担当している同局ラジオ「朝も早よから桂紗綾です」(前4・50)の27日の放送は芦沢誠アナが代役を務める。来週以降は未定としたが、保健所から本人に対しては、現状のまま順調に回復した場合、9月2日までの自宅療養で同3日に復帰可能と言われているという。

 桂アナの最終出社日は23日で、保健所からは濃厚接触者はいないと連絡を受けたとした。桂アナの自席周辺などの消毒作業も完了しているという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス