文字サイズ

篠原信一氏 ウルフ・アロンの勝因は「ウルフ!」に加藤浩次はキョトン

 シドニー五輪柔道銀メダルの篠原信一氏が30日、日本テレビ系「スッキリ」に生出演。前日の柔道男子100キロ級で金メダルを獲得したウルフ・アロンについて、勝利のポイントは「ウルフ」と言いだし、加藤浩次をきょとんとさせる一幕があった。

 連日「スッキリ」登場の篠原氏。この日は前夜のダブル金メダルで解説にも熱が入る。

 男子金のウルフ・アロンについては、勝利のポイントを聞かれ「ウルフです」と言いだし、加藤はキョトン。「どういうことですか?ウルフって」「ポイントがウルフって」と聞くと、篠原氏は「名は体を表す、名は柔道を表すんです」と言うと「ウルフは日本語でオオカミ。オオカミが獲物をジワジワ追っていくじゃないですか。そしてガブッと刈る」とオオカミの生態を説明。

 そして「見てくれましたか?決勝戦。ジワジワ圧力をかけ、最後、刈ったでしょ?だからウルフ」と決勝の大内刈りを絶賛した。

 これに加藤は「ウルフのような試合運びだったと」と笑うと「篠原さん、疲れてきてません?ポイント雑になってきてませんか?」と笑いながら指摘した。

 篠原氏は「いやいや、そんなことない」と否定していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス