文字サイズ

畠山愛理「ドキドキしてます、まだ」 夫・鈴木出場の五輪サヨナラ直後にNHK出演

畠山愛理
畠山愛理のインスタグラム@airihatakeyamaより
2枚

 新体操元日本代表でスポーツキャスターも務める畠山愛理が28日、NHK総合のオリンピック番組に出演。直前まで野球の「日本対ドミニカ」戦が放送されており、劇的なサヨナラ勝利に「ドキドキしてます、まだ」と破顔した。畠山の夫は野球日本代表の鈴木誠也。

 劇的なサヨナラ勝利の中継が終わり、国立競技場横にあるというスタジオに切り替わると、出演者が全員で拍手。保里小百合アナウンサーは「野球日本代表、初戦見事な勝利を収めました」「歓声があがりましたね」と言うと、畠山、バレーボールの迫田さおり、バドミントンの小椋久美子の3人を紹介した。

 まず最初にコメントを求められた畠山は「ドキドキしています、まだ…」と笑顔を見せると「初戦からサヨナラ勝ちって、今後の試合に勢いがつくなって感じますね」とまだ興奮冷めやらない様子。保里アナウンサーは「身を乗り出して応援していました」と、畠山の様子を伝えていた。

 畠山は19年8月に鈴木と結婚した。

 インスタグラムには五輪番組出演時の衣装姿での写真も投稿。27日には、ふんわり素材の白いノースリーブのフレアワンピースに白いサンダル姿で、新体操日本代表の愛称「フェアリー(妖精)ジャパン」を体現する雰囲気を漂わせていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス