文字サイズ

NHK気象予報士、朝ドラヒロインの試験一発合格は「厳しい…と思います」

 気象予報士の檜山靖洋氏が24日、NHK「おはよう日本」の朝ドラ送りで、ヒロインの百音(清原果邪)が初めて気象予報士試験を受けたことに、自分の体験を重ね1回での突破は「厳しいかな」との見解を示した。

 「おかえりモネ」では、前日の放送で百音が初めての気象予報士試験に挑んだ。結果はまだ先だが、高瀬耕造アナは檜山予報士に「檜山さんは一発合格でしたか?」と質問した。

 檜山予報士は首を横に振り「そんなわけはないです。計画的に」と何度かに渡って試験を受け資格を取ったと説明。これを聞いた高瀬アナは「百音ちゃんも1回では厳しいかな?」と聞くと、檜山予報士も「厳しい…と思います」と、狭き門である資格試験の厳しさを述べていた。

 また「おかえりモネ」の気象考証を担当している斉田季実治氏も23日にツイッターで【気象予報士試験あるある】として「実技試験は、受験生が一斉に問題用紙の解析資料をビリビリやぶる音から始まります。知らないとビックリするので、覚えておいてください」と百音に呼びかけていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス