文字サイズ

蓮舫氏「脅しておいて」発言の平井デジタル担当相に「大臣こそ、見直しが要るのでは」

 立憲民主党の蓮舫参議院議員が11日、ツイッターに新規投稿。平井卓也デジタル改革担当相が東京五輪・パラリンピックで使用する健康管理アプリの開発を巡り、「(発注先を)脅しておいた方がよい」などと指示していたことが報じられたことを受け、「大臣こそ、見直しが要るのでは」と苦言を呈した。

 蓮舫氏は投稿で「発注、仕様書に沿った契約で委託したものを、国の海外観客見直しで事業そのものが見直しになるものを民間企業の責任として『どこか象徴的に干すところをつくらないとなめられる』などとする大臣こそ、見直しが要るのでは」と指摘した。

 平井氏は音声データを伴う報道を受ける形で、この日、会見を開き、自らに不適切な発言があったと明らかにした。約73億円に膨らんだ費用の削減を目指した4月、内閣官房の担当幹部らに会議で「(発注先を)脅しておいた方がよい」「ぐちぐち言ったら、完全に干すからね」などと指示していたと報じられた。平井氏は会見で発言の事実を認め、「今後、気を付けていきたい」と陳謝した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス