文字サイズ

丸山穂高議員 首長優先ワクチン批判に「悪平等」「敗戦国の末路」 先に受けろよ

 NHK党の丸山穂高衆院議員が13日付ツイッターに投稿。各地で自治体の首長が新型コロナウイルスのワクチンの優先対象でないのに接種を受けていたケースが続き、問題視されている件について「優先的にワクチン接種受けたとか廃棄分を接種したとか批判されてる様だが、全く問題ないしむしろ先に受けろよ」と主張した。

 「大臣や地方首長や治安防衛職種等は本来、接種最優先にすべき」とし、より蔓延地域を優先することも必要だと訴えた。「決められる誰かが泥被ってでも言うべきなのに言わない異常さ」と指摘した。

 報道に対しても「マスコミもこうやって意味不明な悪平等を煽って余計に接種スピードを遅らせるとか害悪すぎだろ」と批判した。

 「唯でさえ、有事慣れしてないことからの各所ロジスティックス破綻で接種が遅れてるのに、こうした先憂後楽の悪平等の考えや、マスコミのアホな煽りで接種を更に遅れさせるとかほんと敗戦国の末路。笑笑」と投稿した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス