文字サイズ

上白石萌音 “予言”に「ビックリ」朝ドラヒロイン 21年度後期「カムカムエヴリバディ」

 初代ヒロイン・橘安子を演じる上白石萌音
 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」で初代ヒロイン・橘安子を演じる上白石萌音
 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」で初代ヒロイン・橘安子を演じる上白石萌音
3枚

 女優・上白石萌音(23)がこのほど、ヒロインを務める2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のリモート取材会に出席した。ラジオ英語講座を軸に母・娘・孫の3世代100年を描く物語。3月26日にクランクインした上白石は「毎日現場に行くのがうれしくて仕方がない日々を過ごしています」と声を弾ませ、初出演となる朝ドラの撮影を満喫している。

 岡山県の和菓子店に生まれ、戦前から戦後を生きた初代ヒロイン・橘安子(たちばな・やすこ)を演じる上白石は「とにかくピュアでかわいらしい人柄です」と役を説明した。

 「もちろん憧れでした」という朝ドラ出演だが、先輩俳優には「萌音ちゃんは絶対いつか出るよ。たぶんBK(大阪放送局)で昭和(の設定)だと思うよ」と“予言”されていたことを明かし「すべて言い当てられてビックリ」と苦笑い。家族や周囲の喜びも大きく「特に祖父母には『また生きがいができた』って言ってもらえて、すごくうれしかったですね」と頬を緩めた。

 長期間の撮影となるが、生活の変化については「『朝ドラを届けるんだったら、私もいい朝を過ごさなきゃ』という思いがすごく芽生えて」と苦手だった早起きにも取り組んで改善。朝食もしっかりと取るようになり「朝ドラに朝を変えてもらいました」と笑った。

 上白石は小学校3年から5年までの3年間、メキシコで暮らした経験がある。英検は2級、NHKのラジオ英会話のテキストで連載も担当しており、英語がテーマの朝ドラ出演に「ご縁があるなと。つながりを感じています。初心を思い出しながらやっているところです」としみじみ。

 語学を学んだことで「海外に行きやすくなったり、世界がうんと広がるのは感じる。しゃべれて損はないなと、いまだに日々勉強しています」と実感を込める。「大正の頃からラジオ英語講座があったことに驚きました。どの時代でも学びたいという気持ちはあったんだな」と語り「みなさんが英語を学習したいと思うきっかけになったらすてきだな」と抱負を口にした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス