文字サイズ

爆問・田中 復帰後初漫才! 太田はブラックジョーク連発「途中で死んだらごめんね」

 前大脳動脈解離によるくも膜下出血と脳梗塞で1カ月間休養していた爆笑問題・田中裕二(56)が27日、都内で、所属事務所主催の「タイタンライブ」に出演。復帰後初めて、相方・太田光(55)と漫才を披露した。2人にとって、2カ月に1度のライフワークとしているステージ。元々1月は予定されておらず、田中は穴を空けることなく、まんじゅう大帝国、ウエストランドら12組のトリで登場した。

 舞台袖から小走りでセンターマイクへ向かった田中は、客席からの「おかえり」の声に、「ご心配お掛けしましたが無事に復帰することができました」と元気にあいさつ。「検査を受け、お医者さんから『漫才も大丈夫です』とゴーサインが出ました」と報告した。

 太田は「奇跡の復活!!今からカミナリの(頭を強打する)ツッコミを連れてこようか!?」、「くも膜下出血大サービス。途中で死んだらごめんね」などとブラックジョークを連発。田中が「(休養の)1カ月でいろいろありました。1番たたかれたのは森さん」と切り出し、森喜朗氏辞任、田中将大楽天復帰、大坂なおみ全豪オープンVといった時事ネタを絡ませ、笑いを生んだ。

 1月20日に頭痛を訴えた田中は、緊急搬送されて入院。手術は受けず、同27日に退院した。今月21日にTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜、前9・54)で仕事復帰し、後遺症はないことを明かしていた。この日のネタ時間は従来より長めの16分間に及んだが、田中は言葉に詰まるシーンもなく、以前と変わらぬ口調で完全復活を印象づけた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス