文字サイズ

安田純平氏 イスラム国に殺害された日本人なぜ救えなかったのか…映画「ある人質」

映画のトークイベントに出席した安田淳平氏=都内
映画「ある人質 生還までの398日」のトークイベントに出席した安田淳平氏=都内
2枚

 ジャーナリストの安田純平氏(46)が7日、都内で行われた映画「ある人質 生還までの398日」のトークイベントに出席した。同作はIS(イスラム国)の人質となりながらも、奇跡的に生還したデンマーク人の写真家ダニエル・リュー氏の体験を描く。

 安田さんは2015年にシリアで取材中に武装勢力に拘束された後、3年4カ月の時を経て解放された。実体験を踏まえ「よその国の話のように思えますけど、イスラム国によって殺害された日本人2人をなぜ救出できなかったのかを考えるべきですよ」と強く訴えた。

 安田氏はまた、「シリアの内戦はずっと続いていて、終わった話ではない。今、起きているということを考えながら見てほしいですね」と話した。

 同作は、19日よりヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ有楽町ほかにて公開される。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス