文字サイズ

マスク拒否の奥野容疑者「迷惑と謝る風潮は良い風潮ではない」…グッとラックで主張

 20日にTBS系で放送された「グッとラック!」では、昨年9月にピーチ機内でマスク着用を拒否しトラブルとなり、威力業務妨害などの容疑で逮捕された奥野淳也容疑者について、トラブル直後に行ったインタビュー映像を放送した。

 番組では、奥野容疑者がトラブルを起こした際に、本人を取材しており、この日は改めて奥野容疑者のインタビューを放送。

 他の乗客に申し訳ない気持ちはないのか?という質問には「自分が申し訳ない、他の方に申し訳ない、他の方にご迷惑をかけたという風に謝らないといけない、そういう風潮はあまり良い日本社会の風潮ではないんじゃないかと思っている」と語った。

 また、なぜマスク着用を拒否し続けたのか?という問いにも「私はお願いは承りました。自粛要請などの要請と同じで、あくまでも他人からの働きかけ、依頼。それは罰則や強制を伴ったものではなく、あくまでも任意の働きかけ」と語り、席移動も拒んだことには「その席が割り当てられていて、そこに座っている以上、あえて移動する必要はない」とも語っていた。

 番組は奥野容疑者が長野県のホテルでやはりマスクを拒否し、警察が出動した際にも取材をしており、その時は奥野容疑者は「私は健康上の理由でマスクはしませんと申し上げた」などと語っていた。

 この一連のVTRを見たMCの立川志らくは「自分の考え方を決して曲げないのは悪いことではないが、自分を否定することができないと面倒な感じになってくる」「自分が間違っているかもしれないと思うことは必要だと思う」とコメント。そして「迷惑かけても謝る必要ない、風潮が…と。言ってることが分からない」とも語っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス