文字サイズ

平野啓一郎氏 菅首相の答弁能力の悪さ懸念「習近平やプーチンと渡り合えるのか?」

 芥川賞作家の平野啓一郎氏が8日までにツイッターに投稿し、菅義偉首相の答弁能力を不安視。各国の首脳と「渡り合えるのか?」と懸念を示した。

 平野氏は参院予算委員会で立憲民主党の蓮舫議員が菅首相に質問する動画をリツイート。菅首相が質問に的確に答えられず、代わって加藤勝信官房長官が整然と答える姿に「真剣に考えて欲しい。彼が新しいアメリカの大統領と真剣な交渉ができるのか? 北朝鮮から拉致家族を帰国させられるのか? 習近平やプーチンと渡り合えるのか?」と菅首相の即応能力の無さを危ぶんだ。

 動画は5日の予算委員会で、蓮舫氏が日本学術会議をめぐる問題について質問。菅首相が、同会議が推薦した6人を拒否した理由に女性が少ないとあげたことをとらえた。

 蓮舫氏は「女性バランスって言いますけどこの20年間で日本学術会議は女性の割合は1%から38%になってる。それは政府の男女共同参加基本計画の目標30%をはるかに超えているんです。あなたの内閣の女性はどれくらいですか?」と尋ねた。

 菅首相は答弁席に立ち、「女性は…女性は確かにあの、水準を超えていると思いますが、しかし、大学は大きく偏っています。そうしたことも…これ…全体の…全体のバランスというのは私は違うと思います。いま………」と的確に答えることができず、野党席から「聞いてないことを答えているからダメだ」との声が飛んだ。菅首相に代わって加藤官房長官が立ち、「内閣における女性比率ということでございますが、総理をいれて内閣は21名、そのうちの2名が女性ですから1割弱ということになります」と理路整然と答えた。

 蓮舫氏は「わずか9・5%なんです。女性のバランスが悪いって総理がおっしゃったから聞いてるんです」と述べた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス