文字サイズ

関ジャニ∞大倉 コロナから復帰後初の公の場「ただいまです」

 関ジャニ∞・大倉忠義(35)が30日、東京・豊洲で行われた主演映画「窮鼠はチーズの夢を見る」の大ヒット記念舞台あいさつに出席した。

 9月下旬に新型コロナウイルス感染が判明し、療養を経て10月12日から活動再開。仕事復帰後初めての公の場となった。大倉は「ただいまです。ご心配お掛けしましたけど、万全な体調に戻りました」と笑顔であいさつし、満員の観客席を見渡しながら「久々にお客さんの前に立たせてもらって、今年はこういう機会があるかな?と思っていたのでうれしく思います」と話した。

 イベントの終盤には、一緒に登壇した行定勲監督からサプライズで手紙が贈られた。「あの頃、岐路に立たされていた君がよく出演を決めてくれました」と昨年の撮影時の様子などを切々と振り返る内容に、大倉は「思い返せばいろいろありましたね。僕らグループもすごくいろいろありました」と述懐。「自分の経験の中で、代表作になればいいなと思っています」と話していた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス