文字サイズ

米山隆一氏 学術会議6人拒否問題の真の恐ろしさ…人事権による「独裁」

 元新潟県知事の米山隆一氏が9日、ツイッターに新規投稿。日本学術会議が推薦した新会員候補6人の任命を菅義偉首相が拒否した問題について言及し、人事権を用いた「民主主義による独裁が実現する」と危惧した。

 米山氏は、2018年にも学術会議側が事前報告した推薦者に官邸側が難色を示し、当時の会長が官邸側に面会を求めるも門前払いとなったとする報道を引用。

 「この問題の本当の恐ろしさはこれです」とし、「以後官邸は、どのような人事でも『任命権がある。俯瞰的総合的に決定した。』と言えばどんな恣意的な決定も押し通せることになります。そうなればすべての人が官邸に忖度し合法的にすべての権限を握る『民主主義による独裁』が実現します」と危ぶんだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス