文字サイズ

蓮舫氏が加藤長官の説明に「適切か?」と疑問…元首相合同葬「必要最小限の経費」に

 立憲民主党の蓮舫参議院議員が28日、ツイッターに新規投稿。昨年11月に死去した中曽根康弘元首相の「内閣・自民党合同葬」に政府が約9643万円を支出することに批判が出ていることを受け、加藤勝信官房長官が同日の会見で「必要最小限の経費」と説明したことに対し、金額の多寡ではなく「自民党と政府の合同葬が適切か」と根本を問うた。

 蓮舫氏は「必要最小限、と聞いているのではないのです」と切り出し、「コロナ感染症対策の予備費使用が適切ですか。自民党と政府の合同葬が適切ですか」という選択肢で問題提起した。

 加藤氏は会見で経費について「葬儀は簡素なものとしつつ、コロナ対策に万全を期す必要がある。必要最小限の経費だと思っている」と説明したが、ネット上では批判が相次ぐ。金額の問題ではなく、コロナ禍の中で前例を踏襲して個人の葬儀に税金を使うことへの疑問や、クラウドファンディングで賛同する人から寄付を募ればいいのではといった提案もみられた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス