文字サイズ

自民・杉田水脈議員 性被害女性を蔑視発言「いくらでもうそつける」

 自民党の杉田水脈衆院議員は25日、党の内閣第一部会・第二部会合同会議で、政府側から性暴力被害者の相談事業に関する説明を受けた際「女性はいくらでもうそをつけますから」と発言。被害者を蔑視する発言で、批判が出るのは必至だ。

 杉田氏は会議後、記者団に「そんなことは言っていない」と否定したが、会議に出席した複数の関係者が、杉田氏の発言を認めた。相談事業について民間委託ではなく、警察が積極的に関与するよう主張。被害の虚偽申告があるように受け取れる発言をしたという。

 杉田氏は8月、性暴力被害を公表したジャーナリスト伊藤詩織さんを誹謗中傷するツイッターに「いいね」を押し提訴されている。18年には性的少数者のカップルは「生産性がない」と月刊誌に投稿し物議を醸した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス