文字サイズ

橋下氏、前川喜平氏との直接対決を熱望 グッとラック!へ「なんとかお願いします」

 元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が15日、TBS系「グッとラック!」で、自身のツイッターに、番組に「呼ぶな」などと意見した前川喜平氏に対し、「グッとラック!」での直接対決を熱望した。

 番組では橋下氏が生出演し、自民党総裁に菅義偉氏が決まったニュースを特集。その中で橋下氏は、前日出演したBS-TBS「報道1930」に出演した際に、野党議員と「やりあった」ことを明かしたが、この番組の直後に前川氏がツイッターで「絡んできて」と明かした。

 前川氏は「報道1930の橋下徹。野党を貶め菅氏を弁護し持ち上げる発言に終止。印象操作を延々と繰り返している。番組は何のために橋下を呼んだのだ?上からの圧力があったのか?もう呼ぶな」とツイートしていたが、これに橋下氏は激怒。

 「呼ぶなじゃないだろ。言論の自由があるんだから。お前がこっちに来いと」と反論し「すいません、もし『グッとラック!』に来るような形で話があったら、なんとかお願いします。言いたいことが山ほどある」と、「グッとラック!」で前川氏との直接対決を訴えた。

 MCの立川志らくも「前川さんのツイッター上で、上層部の圧力があるのか?と。上層部の政治的思想の圧力で橋下さんを呼ぶわけがない」とバッサリ。「テレビっていうのは基本、数字がとれるかとれないか。橋下さんは数字を取れると思っているから呼んでいる。ある程度数字期待できると」と、前川氏の言う圧力を否定していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス