文字サイズ

三浦春馬さんドラマ放送「重ねてしまう」「戻ってきて」「えぐられる」など多くの声

 7月18日に30歳の若さで逝った俳優・三浦春馬さんが出演したドラマ「太陽の子」が15日、NHK総合で放送された。エンディングでは「三浦春馬さんは7月18日にお亡くなりになりました。謹んで哀悼の意を表します」と追悼テロップが流れた。

 太平洋戦争末期、戦争に翻弄された若者たちの姿が描かれた同作。三浦さんは、海軍から命じられた核エネルギーを使った新型爆弾開発のための実験を続ける「京都帝国大学」の物理学研究室の石村修(柳楽優弥)の弟、裕之を演じた。

 裕之は肺の療養のため、戦地から一時帰宅。「ただいま 戻ってまいりました」と報告し、体調を心配する家族に「もともとたいしたことない」と前線での壮絶な体験を顔に出すことなく、複雑な胸中を隠しながら、笑顔を見せる。

 その後、入水自殺を図るも兄・修に岸に連れ戻され、「怖い…。怖いよ…。でも俺だけ死なんわけにはいかん…、死なんわけにはいかん…」と慟哭する。

 その後、再び戦地に赴き、出撃命令が下された。母の元には「この手紙が着く頃 戦果をあげてみせます」「お国の為 笑って死にます」「ありがとう さようなら」と記されていた。

 ドラマの反響は大きく、ネット上には「未だに三浦春馬という文字を見るのも、聞くのも辛いんだけど、今日のドラマを観て、更に辛くなったんだけど、あのドラマは観るべきだと思った。日本は加害者でもあることを忘れてはいけない」「見ててももう全てを三浦春馬本人と重ねてしまって、何をしてても涙出てくる」「ただいま そう言われたいです。戻ってきてください。」「こころがえぐられる思いです」「もう現実にはいない って 実感できない」などと、放送中から様々な声が書き込まれている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス