文字サイズ

三浦春馬さんの「未来の話をしよう」に柳楽、有村も目に涙

 7月18日に亡くなった俳優の三浦春馬さんが8日、NHKで放送された「土曜スタジオパーク」にVTRで“出演”した。この日は、三浦さんが出演した、総合・BS8K・BS4Kで放送されるドラマ「太陽の子」(15日、後7・30)で共演した俳優の柳楽優弥、女優の有村架純がゲストとして生出演していた。

 三浦さんは劇中では、核エネルギーの研究者・石村修(柳楽)の弟・裕之を演じている。事前に収録したインタビューで三浦さんは「あってはならない大きな流れをはじめさせないきっかけになるんじゃないかということを信じて、そんな思いで作っている方は多いと思う。ぼくもそんな働きの一部になれれば」と戦争への思いを吐露した。

 さらに、柳楽については、2人での浜辺でのシーンを回想。自暴自棄になった裕之(三浦さん)を修(柳楽)が引き戻そうとする場面が印象に残っていることを明かした。柳楽が平手打ちをすることを三浦さんが提案したが、「どうしても柳楽くんの優しさが出てしまって、子犬をなでるような芝居になってしまったのは印象的でした」と笑顔を見せた。

 また、有村演じる朝倉世津を含めた3人で話すシーンでは、有村の「生きてもらわなければ困る」と訴えかける場面が思い出に残っているとも告白。ここでは、三浦さんの「いっぱい、未来の話をしよう」というせりふも放送され、柳楽、有村、司会のハリセンボン・近藤春菜も目に涙を浮かべながら見つめていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス