文字サイズ

三浦春馬さん最後の共演者・松岡茉優 放送決定に複雑「つらくさせるのは避けたい」

 女優の松岡茉優が2日、TBSラジオで放送された、「松岡茉優 マチネのまえに」に出演し、7月18日に亡くなった俳優・三浦春馬さん(享年30)と共演したTBS系ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」への思いを語った。

 松岡は「何も無かったかのようにお話ししていくのが難しいなと思いまして」と切り出した。「おカネ-」は代役を立てず、台本は一部書き直して全4話で完結となる。9月15日から放送開始となることがすでに発表されている。

 三浦さんは亡くなる前日まで収録に参加していた。画面に映し出されるのが、生々しい三浦さんの“最後の姿”となるだけに、松岡は「強く願っているのが、これ以上みなさまを悲しませたり、つらくさせるのは避けたいです」とファンや視聴者がショックを受けることを危惧。「もし『受け取れないかも知れない』『つらくて見れないかもしれない』という方はどうかご無理なさらないでください」と呼びかけた。

 視聴率のためにも「ぜひ見てください」というのが通常だが、特殊な状況だけに、グイグイと押すことはしなかった。ただ、「個人的な気持ち」と前置きした上で「1カ月と少し、近くで相手役としてお芝居を受けていた身として、あの素晴らしい猿渡慶太(三浦さんの役名)をみなさまに見てほしいと思いました」と伝えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス