文字サイズ

「半沢」妻役・上戸イチャイチャ前作超え「初日から『ラブラブか』と」

 2013年に放送され、最終回で平成期の民放ドラマ史上最高となる平均視聴率42・2%を記録したTBS系ドラマ「半沢直樹」の新作(19日スタート、日曜、後9・00)の制作会見が12日、リモート配信され、主演の堺雅人(46)ら10人が登場した。コロナ禍で3カ月遅れの放送となった今年の大本命。前作で宿敵・大和田常務を演じた香川照之(54)と新たな敵役として登場する市川猿之助(44)の“いとこコンビ”が顔をそろえ、堺と火花を散らした。(数字はビデオリサーチ日報調べ、関東地区)

 内助の功でスパイスとなる半沢の妻、花役の上戸彩(34)は、前作を超えるラブラブぶりを誓った。DVDを見返してから撮影に入ったといい「初日から『ラブラブか』と言われた。堺さんが台本が終わりのはずなのに、アドリブをたくさん出してくださるので、いかにイチャイチャできるかが勝負ですね」と、いたずらっぽく笑った。家庭のシーン以外は緊迫した場面が多いだけに、堺は「会議の場でアドリブ言えないから、家で」とうれしげだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス