文字サイズ

「半沢」上戸彩の言葉に「涙が出る」…感動の投稿が絶えず「生きていれば」

 TBSドラマ「半沢直樹」最終話が27日に放送された。出演者のさまざまなセリフが話題になるなか、半沢直樹の妻・半沢花を演じた上戸彩の言葉が放送から24時間をへてもネット上で感動を呼んでいる。

 半沢(堺雅人)が人事部から異動に関する電話が掛かってきたシーン。元気のない半沢の表情に花が「なんかあった?」と尋ねた。うなずく半沢に花は「また出向…的な?」と尋ねた。半沢は「出向どころじゃすまないかもしれない…ごめん」と謝った。

 花は「だったらいっそのことやめちゃえば」と明るく言い放った。「銀行員だけが仕事じゃない。再就職なんて簡単にできないかもしれないけど。その間、私が稼ぐから。もう頑張らなくていいよ。これまで十分すぎるくらい頑張った」「今まで必死に尽くしてきた銀行にそれでも『お前はもういらない』って言われんならこっちから辞表を叩きつけてやんなさいよ。サラリーマンの最後の武器でしょ」と笑顔で鼓舞。その上で花は「仕事なんてなくなったって、生きていれば何とかなる。生きていればね…なんとかね」などと視聴者にも“生きよう”とメッセージを送った。

 ネット上では放送直後はもちろん、24時間をへても「ハナちゃんの言葉に涙出るくらい持っていかれた」「上戸彩の言葉染みるね 今の社会に向けてって感じがする」「このシーン、まじで泣きました」「上戸彩の花言葉で泣いてしまう ききょうの誠実!リンドウの正義!」などのコメントとともに、「上戸彩と結婚したい」との投稿もみられた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス