文字サイズ

三山ひろし、岐阜県山県市の「ふるさと大使」に就任

山県市ふるさと大使任命式に出席した三山ひろし(左)と林宏優市長=東京・千代田区
山県市ふるさと大使任命式に出席した三山ひろし(左)と林宏優市長=東京・千代田区
山県市ふるさと大使任命式でけん玉を披露する三山ひろし=東京・千代田区
3枚

 演歌歌手の三山ひろし(39)が岐阜県山県市の「ふるさと大使」に就任し、4日、都内で任命式が行われた。同市は2003年の町村合併で誕生したが、三山の名字と同じ美山(みやま)という地域があり、その縁から三山がふるさと大使に任命された。

 三山は「美山の人たちには、(2015年に)紅白に出る前から育てていただいた。三山の名前と同じだし、山形県で作っているけん玉も愛用してます。縁を感じます。第二の古里。微力ながらPRをしていきたい」と力を込めた。

 三山はステイホーム期間を振り返り「ほとんど家にいました。こんなに休みをもらったのは15年ぶりかな。家の掃除をしたり、プラモデル作ったり、カブトムシを育てたり、包丁研いだり…。結構忙しく自粛生活を送らせていただきました」という。カブトムシは現在77匹を飼育中。三山は「さなぎが黒くなってきました。そろそろ羽化かな」とうれしそうな顔を見せた。

 三山は得意のけん玉で現在4段、2級指導員の資格も持つ。自粛期間中も「5段に昇進するため、日々のトレーニングをしていた」と明かし、「(最高位の)10段になったら、山県でお披露目したい」とぶち上げた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス