文字サイズ

板垣李光人「ハードル上げないで」“美しすぎる少年”の嬉しすぎる悲鳴

 写真集をアピールする板垣李光人
 三浦貴大が撮影した板垣李光人@SDP
2枚

 俳優・板垣李光人(いたがき・りひと=18)が16日、1st写真集「Rihito 18」(17日発売)の記者会見をリモートで行った。

 テレビ朝日系「仮面ライダージオウ」などに出演し“美しすぎる少年”の異名を取る板垣は「知らないところでハードルが上がっていて怖い気持ちもあった」と苦笑い。ファンの声は「うれしいし、ありがたい」としつつも、「あまりハードルを上げないで」とも呼びかけていた。

 初の写真集は「まだあんまり実感がない」と控えめ。昨年、鹿児島・屋久島などで行った撮影のカメラマンは、BSテレ東系ドラマ「神酒クリニックで乾杯を」で共演した俳優・安藤政信(45)、三浦貴大(34)、事務所の先輩・市原隼人(33)が担当。板垣は「1年間がまるって詰まっていて、髪型も違えば表情も違う」とアピールした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス