文字サイズ

「進撃の巨人」は残り5% 原作者・諫山氏が明言

 「進撃の巨人」原作者の漫画家・諫山創(いさやま・はじめ)氏(33)が6日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜、後10・00)にリモート出演し、同作の完結について語った。同作は今秋にアニメの「-The Final Season」の放送が決定。原作コミックも完結することが伝えられている。

 実は、普段から「ひるおび」「Nスタ」を視聴しており、TBSラジオのリスナーでもあるため、同局の取材にも応じたという諫山氏。「進撃-」の完結が近づいていることには「『終わりたい』という気持ち。マラソンのゴール前の感じなんですかね」と正直な心境を明かした。

 「何が起こるか、主人公の行動、キャラクターの行動とかは何となく決まってるんです」とすでにストーリーの構想は完成していることも告白。一方で「そこで(キャラクターの)心情をどう描くかは、実際描いてみないと分からない。それが、どういう形の結末になるかが予想し切れないところで、不安と期待がある」と予想を裏切る展開の可能性も示唆した。

 完結の時期については明言しなかったが、「残り6%…いや5%とかですかね」と分量は明かした。現在、掲載の月刊誌「別冊少年マガジン」では129話まで進んでおり、単純計算では136話が最終回となることになる。順調に連載が進めば、2021年1月に当たるが、果たして…。「ちゃんと納得のいく形で終わりたいという感じです」と完走への思いを力強く語った。

 また、諫山氏は「進撃-」のベースとなっったものとしてゲームと映画「ジュラシック・パーク」を挙げた。19歳の頃にプレーしていたゲームが「宇宙人が地球に責めてきて人類がほとんど絶滅して」というストーリーで「こういう世界観いいな」と思ったという。「ジュラシック・パーク」を見ながら「追い詰められるほど面白い」と感じたことも作品に影響を与えたとした。

 次回作については「ブラック・コメディみたいなものはできたら」と意外な希望も。さらに、最近ハマッているというサウナの施設を作りたいという夢も告白した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス