文字サイズ

「テラハ」出演の木村花さん急死 SNSで中傷の嵐…自殺か 22歳現役プロレスラー

 動画配信サービス・ネットフリックスで配信中のリアリティ恋愛番組「テラスハウス」に出演していた、プロレスラーの木村花さんが23日に死去したことを同日、所属団体「スターダム」が発表した。22歳だった。死因は不明で、詳細は調査中。関係者によると、事件性はないという。木村さんは同番組内での行動を巡り、自身のSNSなどで多くの誹謗中傷を受けていたとみられており、レスラー仲間や共演者からも、木村さんを悼む声とともに、匿名での誹謗中傷に怒りを示す声が相次いだ。

 女子プロレス界のホープにして、人気番組の主要キャストだった木村さんが、22歳の若さで突然、その生涯を閉じた。

 スターダムはこの日、公式サイトで木村さんの急逝を公表。「詳細につきましては、いまだ把握できていない部分もあり、引き続き関係者間の調査に協力してまいります」と、死因などの詳細は不明であるとした。

 木村さんはプロレスラーとして活動するかたわら、昨年10月にスタートした「テラスハウス」の最新シーズン「TOKYO 2019-2020」に出演。今年3月に配信された第38話では、同居している男性と、プロレス用衣装の洗濯について口論する様子が流され、ネット上で物議を醸した。

 その後も、木村さんのSNSには、同番組関連とみられる、誹謗中傷と取れるメッセージが大量に寄せられた。木村さんはインスタグラムで、自身の手首を切ったとみられる画像とともに「毎日100件近く率直な意見。傷ついたのは否定できなかったから。死ね、気持ち悪い、消えろ、今までずっと私が1番私に思ってました」と思いを吐露することも。死の直前には「愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね」「さようなら」と意味深につづっていた。

 レスラー仲間からも、追悼と怒りの声が続出。長与千種(55)はツイッターで「心がザワザワして苦しい。ありえん ありえん ありえん ありえんぞ、許せない」と表明。親交が深かったという朱崇花(あすか=21)は「ごめんなさい救えなかった 4日前電話一本しておけば何か変わったのかな 花、なんで死を選ぶの」と、悔恨の思いとともに、木村さんが自ら命を絶った可能性をうかがわせた。

 また、スターダムのエグゼクティブプロデューサー、ロッシー小川氏は、デイリースポーツの取材に「残念でならない。団体としても期待の1人だった」と追悼。「表向きは突っ張って見えるけど、性格が繊細だからそう見せていたところがあった」と明かした。

 ◆木村花(きむら・はな)1997年9月3日生まれ。神奈川県出身。女子プロレスラーの木村響子とインドネシア人の父の元に生まれる。15年に武藤敬司らが設立した「プロレス総合学院」に入学し、16年3月に才木玲佳戦でデビュー。19年にWRESTLE-1からスターダムに移籍した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス