文字サイズ

室井佑月氏 盛り上がる9月入学論に「コロナの終息に集中した方がいい」

 作家の室井佑月氏が30日、TBS系の生番組「ひるおび」にリモート出演し、盛り上がる9月入学論について、懐疑的な視線を向けた。

 番組では前日29日、安倍晋三首相が衆院予算委員会で9月入学について「これくらい大きな変化がある中では、前広にさまざまな選択肢を検討したい」と、含みを持たせた答弁を行ったことを取り上げた。

 司会のホンジャマカ・恵俊彰に意見を求められた室井氏は「私もインフルエンザとかがはやったり、雪で交通が止まってる、どうしてその季節に受験はあるんだろうと思ってたので、これはいいと思いますけど」と、9月入学の採用そのものには肯定的だった。

 その上で「どうして今この話を進めてるのか。昨日、国会を見てたんですけどちょっと気持ち悪い感じがしちゃって。留学生だってコロナが終息しなければ来ないですよ。まずやるべきことっていうのははっきりしてるわけで、1個のことに集中した方がいいんじゃないかって思いますけど。もちろんコロナの終息ですよ。どうやったら早くできるのかって」と、優先すべきは新型コロナウイルス対策であることを指摘。

 政府が莫大な予算をつけている「GO TO」キャンペーンを例に挙げて「終わった後のことって考えが広がりすぎちゃって、今どうすべきかっていうのが、きちんと根拠を立てて筋道を立てて話し尽くされていないんじゃないかって思いますけど。思いつきでいろいろ決めてて」と、安倍政権を批判した。

 また、「一番大事なのは今勉強すべき子供たちが勉強できないでいる、勉強受けられない環境にいることが大事なので、そこは絞って手厚くやるべきだと思いますけど。入試から変えるとか入学から変えるとか制度を変えるって、そこに割く時間があるのかな?って私は思います」と指摘していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス