文字サイズ

黒沢かずこ 感染疑い「いろんなとこに電話」も検査受けられず…鼻声で告白

 新型コロナウイルスへの感染を発表した「森三中」の黒沢かずこ(41)が6日、森三中のYouTubeチャンネルを鼻声の肉声で更新。動画はなく、音声のみだったが、約3分間の投稿で、不調を感じてからコロナ陽性と診断されるまでの経緯を説明した。

 黒沢は3月21日に「熱っぽいなー」と感じ、検温。午前中は36・2度で、昼に測ったところ、「41・2」度と出たが、すぐに計測しなおすと、36度台だったという。

 コロナ感染の不安もあり、「怖いので」、症状を説明した上で病院へ。検温すると36・4度。インフルエンザの検査なども受けたが、「コロナの感染ではない」と診断され、「一応、2日休んでください」と指示された。

 その後、「熱とか咳(の症状)もなかった」ため、25日に森三中の3人での撮影の仕事で、仕事復帰。翌26日は「風邪の症状などはあった…鼻の奥に鼻水がある感じが続いてて」といい、再び病院で診察を受け、「炎症を抑える薬」を処方されたという。

 しかし、26日夜に「味覚・嗅覚が感じにくい、というのが(コロナの)症状、というニュースを見て、いろんなとこに電話したんですが」とコロナ感染を心配し、保健所を含む医療機関に電話で問い合わせをしたものの、「私の場合、『それだけではコロナウイルスの症状ではないので』と判断」され、PCR検査を受けさせてもらえなかったことを明かした。

 咳や熱、倦怠感はなく、思い当たる症状としては「味覚・嗅覚の感じにくさ」が続いていたという。また、「鼻水が鼻の奥に残ってるような感じ、は続いてました」と説明した。

 森三中・大島美幸の夫で放送作家の鈴木おさむ氏はSNSで、黒沢が感染を疑い、複数の医療機関と保健所にPCR検査を受けさせてもらうよう頼みこんだがダメで、4月1日に診察を受けた病院でCTスキャンをとってもらい、ようやく検査に至ったことを説明している。黒沢は3日夜、陽性と判明した。

 3月25日に撮影に参加した以外は、「もしかしたら自分が感染源になったら怖いと思い、自宅にいました」と自宅隔離を続けていたことを説明し、「みなさんにご迷惑をおかけしてしまったんですが、すみません」と謝罪もしている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス