文字サイズ

川口春奈「歓声が地響きみたい」風でスカートふわり、観客どよめく

 フェブラリーSを制したルメールとプレゼンターの川口春奈(左)=撮影・三好信也
東京競馬場の最終レース後に行われたイベントで、パドックで強風にあおられてよろける川口春菜
東京競馬場のイベントに出演したルメールと川口春奈(右)
3枚

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」に出演中の女優・川口春奈(25)が23日、JRA東京競馬場に来場し、フェブラリーS(G1)の表彰式のプレゼンターを務めた。

 最終レース後にはパドックでフェブラリーSのレース回顧に参加し、モズアスコットで勝ったルメール騎手と笑顔でトークをかわした。

 東京競馬場へは昨年5月以来、2回目の来場。「すごく迫力があって、感動しました。歓声が地響きみたいですごかったです」と、フェブラリーSをライブで観戦し、感動した様子。長崎県の五島市出身だが、「地元でも牧場があって馬を目にする機会はあったのですが、競走馬は昨年初めて見ました。美しいし、素晴らしいですね」とサラブレッドの魅力について語った。

 1月末にはYou Tube公式チャンネル「はーちゃんねる」を開設し、数多くの登録者を記録し話題を呼んだ。今、最も旬な女優の登場に、競馬ファンからもたくさんの歓声が上がっていた。

 この日は春らしい白い透け感のある軽やかなロングワンピースにジャケットを合わせたスタイル。風でスカートがフワリとめくれあがり、川口が照れくさそうに押さえ、観客がどよめく場面もあった。

関連ニュース

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス