文字サイズ

河本準一 膵炎で2度入院「胃痛、背中が痛くなったり、怠かったり…」

 お笑いコンビ・次長課長の河本準一(44)が27日、ブログを更新。人間ドックの結果を報告した。

 詳細な数字が書かれた診断結果の紙を公開し、「そんなに悪くないみたい。まずは一安心。しかし、気を緩めるとすぐ上がるので要注意」と結果に安心せず、健康に気をつけることを誓った。

 河本は2010年10月に急性膵炎(すいえん)で入院。15年9月にも再発し、入院している。

 河本は「膵臓は足が早く遅い発見だと手遅れになりがちなので少しでも体の変化を感じたら自分が先生にならず専門の人に見てもらおうね」と自己判断はせず、検診のススメ。「胃が痛くなったり、体が怠かったり、背中の真ん中らへんが痛くなったり色々症状あるからね。」と膵臓の病気の症状を記し、「お互い気をつけよ」と呼びかけていた。

 膵炎で入院した時は、点滴生活で「絶飲絶食」を耐えた。「とにかく腹に力を入れるだけで激痛」と明かし、「痛すぎてトイレがかなりしんどいんです」とかつてブログで明かしていた。退院後は酒をやめ、食事にも気をつけている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス