文字サイズ

中川家・剛、ねじが外れてるのは明石家さんま 皿の赤い模様を七味と間違え鶏肉を…

 兄弟漫才コンビの中川家が27日、大阪・東大阪で行われた、テレビ大阪の新番組「ねじの世界」(2月13日スタート。木曜、後10・54)の収録に参加し、終了後に会見した。礼二(48)が町工場の工場長、剛(49)は女性従業員に扮(ふん)し、実際の工場の隅でコントをしつつ、ねじに焦点をあてる6分間の番組。6回の放送が決まっているが、礼二は「6分の間にどれだけ自分ららしさが出せるか。長く続けられるよう頑張りたい」と気合を込めた。

 剛は「ぼくたちにうってつけの場所と会場を提供してくれてありがたい。工場のコントだけで今年は10本くらいネタができたらいいと本当に思う」と感謝の思いを口にした。

 「最近、自分でねじが外れたと思うこと」を聞かれると、剛は「コントでねじが見えない。老眼で」と告白。さらに、「コメダ珈琲(コーヒー)へ行く前に、コンビニでコーヒーを買った。情けない」と苦笑した。

 周囲についても質問され、礼二が「芸人ばっかりなので、ねじが外れた人が多い」というと、剛は「(明石家)さんまさん。この間、お皿の赤い模様に鶏肉をつけて食べていた。七味と間違えて」と暴露していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス