文字サイズ

堺正章、デビュー前のタモリを説教

デビュー前のタモリ(左)に“説教”をしたことをあかした堺正章
1枚拡大

 タレント・堺正章が15日、日本テレビ系で放送された「ダウンタウンDX」に出演。デビュー前のタモリに説教をしていたことを告白した。

 1975年に博多から上京したタモリ。堺は放送作家から「面白い芸をするヤツがいるから、(ネタを)見てよ」と言われて、タモリと初対面。ものまねネタを見たという。

 堺はタモリの芸に全くピンとこず、「九州帰った方がいいんじゃないか」と本気でダメ出し。さらに、後にトレードマークとなったサングラス姿のまま“ネタ見せ”をしたため、ムッとして、「先輩の前で芸やる時、サングラスぐらい取れよ!」と説教したという。

 しかし、タモリは「ぼくはこれが主義なんで」と言い返し、『生意気なヤローだな。こんなのがヒットするなら、オレが芸能界やめてやる』と思ったというが、その後はだれもが知るサクセスストーリー。

 タモリは偶然にも堺が当時所属していた田辺エージェンシーに入り、“後輩”に。どんどん売れっ子になっていくタモリを見て、「途中からぼく、タモリさん、と言って(呼んで)ましたもん」と冗談めかして話していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス