文字サイズ

【1月15日のスカーレット】第87話 八郎と三津の仲良さに喜美子は居心地悪さを感じ…

 NHK連続テレビ小説の101作目となる「スカーレット」(月曜~土曜8時)。1月15日は第87話が放送される。喜美子の予感はいったい…。

 喜美子(戸田恵梨香)は大量の小皿を注文したひろ恵(紺野まひる)と打ち合わせをして、意気揚々と家に帰る。すると八郎(松下洸平)と三津(黒島結菜)が、三津の提案した食器セットの絵を前に談笑していた。喜美子がふたりの仲の良さに居心地の悪さを感じていると、八郎は「個展は中止しない」と告げ、東京に下見に行くことも明かす。喜美子は小皿作りに取りかかるのを遅らせて同行したいと申し出るが、八郎は答えない。

 「スカーレット」は、滋賀県の信楽で陶芸家として道を切り開いていく川原喜美子の物語。理想の信楽焼を求めて、土と炎に向き合う女性の波乱万丈の半生を描く。連続テレビ小説への出演は「オードリー」以来2回目となる戸田恵梨香がヒロインを演じる。脚本は「夏子の酒」「ホタルノヒカリ」シリーズなど、数多くの作品を手掛けてきた水橋文美江氏のオリジナルストーリー。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス