文字サイズ

最後の1期生・峯岸ついにAKB卒業 声震わせながらの表明に会場静まりかえる

 AKB48の峯岸みなみ(27)が8日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた、グループの14周年記念公演に出演。グループからの卒業を発表した。

 峯岸は「私、峯岸みなみは、AKB48を卒業します」と、声をやや震わせながら表明。静まりかえった会場に、「止まっちゃうの?何か言ってほしかったんだけど」と笑いながらツッコんだ。

 続けて「もう卒業してもいいんじゃないかっていう時期も(過去に)なかったわけではないですけど、すごくAKBを好きでいられるときに卒業したいと思いました」と話した。来年4月2日に横浜アリーナで行うグループのコンサートが最後になるという。

 峯岸は2005年10月、AKB48の「オープニングメンバーオーディション」に合格。前田敦子(28)、高橋みなみ(28)、小嶋陽菜(31)らとともに、1期生として活躍した。17年4月に小嶋が卒業して以降、最後の1期生として活動してきたが、ついにグループに別れを告げる決意をした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス