文字サイズ

ベッキー 第1子妊娠でゆったりワンピースで登場 6年ぶり地上波連ドラ出演

 タレントのベッキー(35)が3日、都内で、東海テレビ・フジテレビ系ドラマ「悪魔の弁護人 御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~」(7日スタート。土曜、後11・40)の制作発表会見に出席した。

 先月上旬に第1子妊娠が発覚し、この日はゆったりしたワンピースとヒールの低いショートブーツ姿で登場した。地上波の連続ドラマ出演は6年ぶりで、「声をかけて頂いて、ただただうれしい」と笑顔。ベッキーは9月中旬から撮影に入り、11月中旬にクランクアップ。「私は撮影中に(妊娠が)分かったわけではありませんが、撮るに当たって、(演じた)日下部洋子は優しい女性なので、優しい気持ちは反映しているのかなとは思います」と役を通して得た心境の変化を明かした。

 撮影では「初めて現場にお弁当を作って持っていった」そうで、、また、「『ベッキー頑張ってる』って言われそうだけど、年齢的にも早く目が覚めちゃうんですよね」と笑わせていた。

 共演の要潤(38)は、「本当にすごかった。自分の気持ちを大切に芝居をしたシーンもあった」とベッキーの演技を絶賛。津田寛治(54)も「1話、2話を見ましたが、1番好きな芝居がベッキーさんの芝居だった」と太鼓判を押していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス