文字サイズ

「ぎぼむす」正月スペシャルで帰ってくる 綾瀬はるから主要キャストそのまま

 「義母と娘のブルース」新春スペシャルで再び亜希子を演じる綾瀬はるか
どんな形で登場するのか気になる竹野内豊
2枚

 女優の綾瀬はるか(34)主演で昨年7月期に放送されたTBS系ドラマ「義母と娘のブルース」が「-2020年謹賀新年スペシャル」(来年1月2日、後9・00)として復活することが15日、分かった。

 同作は平均視聴率14・2%(ビデオリサーチ調べ、以下同じ)、最終回は19・2%と高視聴率をマークした人気作品。子持ち男性と結婚したキャリアウーマンの亜希子(綾瀬)が、相手の娘・みゆき(上白石萌歌=19)の母親になろうと奔走する物語。本編から1年後が描かれるスペシャル版では、亜希子が突然クビになるほか、娘に子供ができたと勘違いするなど、波乱の展開が用意されている。

 続編待望の声に応える形で1年ぶりに“義母”を演じる事になった綾瀬は「みなさんへの感謝も込めてお正月の一時を温かい気持ちで過ごしていただける作品をお届けできるように頑張ります」と正月を盛り上げるべく撮影に息巻いている。

 スペシャル版には、本編に出演していた佐藤健(30)、井之脇海(23)らおなじみメンバーも続投。病気で亡くなった亜希子の夫・宮本良一役の竹野内豊(48)も出演する。竹野内は「スペシャル版に出演すると聞き、どういうことだ…?と思いながら台本を開き、なるほどね。とつぶやきました」と思わせぶりにコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス