文字サイズ

志らく、現在も不妊治療中 2児の父も「3人目が欲しい」 男性不妊特集で明かす

 落語家の立川志らく(56)が23日、TBS系「グッとラック!」で、現在、夫婦で3人目の子供を授かるため不妊治療していることを明かした。

 番組では、男性の不妊治療について特集。治療中の夫婦に話を聞いたり、専門医のインタビューなどを放送した。

 志らくは現在、7歳と2歳の女の子の父。VTRを見終わると「私は子供、2人いるんだけど、3人目が欲しいと言うことで何年かできないから、今もかみさんは不妊治療に行っています。私も経験者でございます」と打ち明けた。

 そして「私の場合は、ものすごい元気な精子がたくさんいますと言われて、なんか知らないけどものすごい恥ずかしかった」と照れたが、国山ハセンアナは「言われるんですか?」と驚くと、志らくは「告げられます。数まで」とコメントした。

 現在はかなり意識も変わりつつあるが「日本の昔からの悪いパターンで、子供が生まれないと女性が一方的に責められる。昔からあったわけでしょ?」とも訴え、不妊には夫婦で取り組むべきだと訴えていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス