文字サイズ

ラグビー日本代表 平均視聴率でも紅白超え 夢の1カ月…感動も視聴率も右肩上がり

 NHK総合で20日に放送された「ラグビーワールドカップ2019日本-南アフリカ」の平均視聴率が41・6%(関西41・4%)だったことが21日、分かった。今大会では同13日のスコットランド戦の39・2%が最高だったが、今回は2・4ポイント上昇。今年放送の全番組で最高をマークし、昨年大みそかの「NHK紅白歌合戦」の関東平均41・5%も0・1ポイント上回った。(関東地区 ビデオリサーチ日報調べ)

 敗れはしたが、史上初の決勝トーナメントで死力を尽くしたジャパンの戦いぶりに、列島はくぎ付けとなった。日本が南アフリカと準々決勝で対戦した世紀の一戦を、NHKは午後7時10分から同9時50分まで総合で中継した。

 関東地区の瞬間最高視聴率は午後8時55分の49・1%。後半24分、南アフリカが3つ目のPGを決め、日本が3-14と引き離された場面だった。関西地区は午後8時47分の47・9%、後半15分の南アフリカのスクラムの場面だった。

 初の自国開催となった今大会は、日本にラグビー人気を定着させる上で大きな弾みとなった。予選リーグ初戦の9月20日・ロシア戦は18・3%。同28日・アイルランド戦は22・5%、10月5日・サモア戦は32・8%、同13日・スコットランド戦は39・2%だった。そして今回の41・6%と、ラグビー人気の上昇とともに視聴率もうなぎ登りとなった。

 平均41・5%、瞬間45・5%だった昨年の紅白との比較では、瞬間で上回ったスコットランド戦(53・7%)に続き、今度は平均でも上回った。

 その裏で、TBS系で午後6時から中継された「プロ野球日本シリーズ ソフトバンク-巨人 第2戦」の関東平均視聴率は7・3%(関西9・3%)と1桁台。ほぼ同時間帯の放送は、ラグビーに“完敗”となった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス