文字サイズ

小瀧望が“キモかわ”演技に自信「見事にハマってました」初主演ドラマでラウールと共演

 ジャニーズWESTの小瀧望(23)が21日、東京・渋谷のNHKで、初主演ドラマ「決してマネしないでください。」(10月26日スタート。土曜、後11・30)の制作発表会見に出席。共演のSnow Manのラウール(16)、馬場ふみか(24)とともに登壇した。

 小瀧演じる恋愛経験ゼロの理系大学生・掛田が、学生食堂のお姉さん(馬場)に一目ぼれし、実験と検証を繰り返しながら恋の努力を重ねていくラブコメディ。

 今作のテーマは「キモかわ」。小瀧は「キモくかわいく演じてほしいと言われ、ジャニーズなのでキモくいけるかなと思ったんですが、1話を見て、見事にハマっていました」と自信。掛田と同じゼミの友人を演じるラウールは、「1話を見ると、普段はキラキラしている小瀧くんと、美人な馬場さんがイモっぽくなっていた。キモかわいさにグッとハマると思う」と先輩の演技を立て、番組をPRした。

 “キモかわいさ”の演技について、小瀧は「恋愛ごとになると動きが止まったりするのに、科学とか好きな分野になるとドワーッと話し出す。その切り替えとか、体が止まっているのに目だけキョロキョロ動かしたりとかしてみました」と話し、ラウールは、「姿勢を悪くしてみたり、首を前にしてみたり、絵面で勝負しました」と、それぞれの表現方法を明かした。

 小瀧とラウールは、今作が初共演。お互いについての印象を語り、「ラウールは現場の人気者。そしてよく寝る。僕は身長184センチなんですが、クランクインのとき、ラウールは僕より低い183センチだったのに、撮影の2カ月の間に、身長が抜かれていました」と小瀧。現在は185センチにまで伸び、成長著しい16歳に目を細めた。ラウールは、「可愛いお兄ちゃんという感じ。膝の上に急に寝てきたり」と小瀧の素の一面を披露し、笑いを誘っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス