文字サイズ

週刊文春 今後も和田誠さんの表紙を継続することを発表

 日本を代表するイラストレーター、和田誠さんが今月7日、83歳で死去していたことが11日、発表され、和田さんが表紙絵を担当していた「週刊文春」(文藝春秋)は同日、今後も和田さんのイラストを表紙に使用していくことを明らかにした。

 週刊文春はこの日、加藤晃彦編集長名で追悼文を発表。「ご遺族の皆様に、心よりお悔やみを申し上げます。和田さんには、1977年5月12日号より『週刊文春』の表紙をご担当いただきました。「週刊文春」の表紙に、最低限の文字しかないのは、ひとえに、和田さんの絵の魅力あってのことです。毎週、読者の皆様が思わず手に取り、家庭に持って帰ることのできる、素晴らしい表紙を描き続けてくださいました。42年の長きにわたり、「週刊文春」と共に歩んでいただきましたことに、感謝申し上げます。本当にありがとうございました」と、お悔やみと感謝を述べた。

 また、同誌の表紙について「和田さんの表紙2000回到達を機に、2017年7月27日号より過去の傑作選によるアンコール企画を続けてきました。和田誠事務所のご了解をいただき、今後もこの企画を続け、読者の皆様と共に、和田さんを偲びたいと思います」と、今後も和田さんの絵を使い続けることを明らかにした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス