文字サイズ

N国党首 MX突撃…マツコを「権力の犬」と批判も、攻撃は止めると宣言

崎陽軒の「シウマイ」を手に気勢を上げるNHKから国民を守る党の立花党首=東京・半蔵門のMXテレビ前(撮影・村中拓久)
2枚

 NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)が、バトル中のマツコ・デラックス(46)がTOKYO MX「5時に夢中!」に生出演した19日夕方、同局前に現れ、抗議活動を行った。前週の放送中に続き、2回目。

 約200人が集まり、警察官が「5時夢」のスタジオ前の路上に並び、同局前は騒然。立花氏はマツコを「権力の犬であることがよく分った」「しかし立場もあるのだろう。今度はワンワン鳴かなくなった」と酷評したうえで、「これ以上やるといじめになる」とマツコ攻撃をやめると宣言した。

 今後はMXに対し「放送法にあるテレビ局の公正中立をどう考えているのか見解を出してほしい」と求め、見解が出るまでは抗議活動を続けるとした。ただ、マツコに対しては「発言に対する弁明は聞きたい」としたが、出演後の出待ちなどは行わないとした。

 マツコは7月29日の同番組でN国について「気持ち悪い人たち」「ふざけて(票を)入れている人も相当数いるんだろう」などと発言。立花氏が「投票した有権者をばかにするのは許せない」として抗議。「マツコ・デラックスをぶっ壊す!」をスローガンに、マツコの謝罪や、同番組に出演しての生対決を求めている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス