文字サイズ

武井壮 やっぱり“ふつうじゃない”男だった 現役アスリート級の驚異的なタイム記録

 男女それぞれの優勝者をたたえる武井(中央)=東京ミッドタウン日比谷
2枚

 タレント・武井壮(46)が11日、東京ミッドタウン日比谷で開催中の「超ふつうじゃない2020展 by三井不動産」にゲストで登場した。

 「世界は、こんなに、ふつうじゃない」をコンセプトに、東京2020オリンピック・パラリンピックの競技・種目、選手について、遊びの要素を取り入れたアトラクションを通じ五輪選手のすごさ実感できる体験型イベント。陸上競技の走り幅跳びの飛距離、水泳選手の呼気流量の多さなど、会場には10種の競技が体験できる展示が用意されている。

 この日は事前予選の成績上位者による決勝大会「超ふつうじゃない王決定戦!」を開催。武井は、決勝進出者と同じく空手の正拳突きの威力を競う「カラテ・キャンドル」、バレーボール選手のジャンプ到達点を体感する「バレーボール自販機」などに挑戦。さすがは陸上の十種競技元日本チャンピオンで、各展示で男子平均値を上回る数値をたたき出した。

 スタートの合図にどれだけ早く反応できるかを競うスプリンター体験の「0m走」では「0・261秒」と現役アスリート級の驚異的なタイムを記録し、自身が“超ふつうじゃない”ことをアピール。体験を通じ「現役時代の心を思い出した。東京の次のパリ(五輪)を狙います」と、アスリート魂に火がついた様子だ。

 「五輪を盛り上げるには最高のイベント。世界のトップアスリートの記録や身体能力を体感でき、自分の能力も試して競い合って楽しめる。この皆さんの力を来年総動員して過去最高の五輪大会に!」と呼び掛けていた。同所で25日まで開催。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス