文字サイズ

加藤浩次、松本人志へ「後輩ながら言わせていただきます」 経営陣刷新への強い思い

 極楽とんぼの加藤浩次が22日、日本テレビ系「スッキリ」で、所属する吉本興業の経営陣の刷新を訴え、それが出来なければ「退社する」と断言した。また先輩であるダウンタウンの松本人志がテレビ番組内で大崎洋会長が退社したら「ぼくは辞める。ぼくの兄貴なんで」と語ったことについても「大先輩に対して本当におこがましいが会社のトップが責任取れない会社って機能してるのかな」と意見した。

 番組では雨上がり決死隊の宮迫博之と、ロンドンブーツ1号2号の田村亮が行った会見について多くの時間を割いて取りあげたが、自身も所属する会社の出来事だけに、加藤も怒りが爆発した。

 加藤は、会社側が宮迫と亮へ会社主導の引退会見か契約解除の2択しか与えなかったことに「おぞましい」と発言。このままでは笑いを届けられないとして経営側の刷新を強く求めた。

 特に、大崎会長については「松本さんがワイドナショーで仰ってた。大崎さん辞めるなら僕も辞めると仰ってた」と松本が大崎会長について言及したことに触れ、「大先輩にたいしてこんな口をきくのはおこがましい話かもしれないですけど、松本さんにとって(大崎会長は)ずっと一緒にやってきた同志だと思う。それは気持ちすごい分かる」とコメント。

 その上で「でも松本さん、本当に後輩ながら言わせていただきますけど、会社のトップなんです。みな辛い思いをして会社のトップが責任を取れない会社って、機能してるのかな」と意見。松本が大崎会長について語った言葉は「松本さんの優しさから。世話になってきて、吉本が東京でここまで大きくなれたのはダウンタウンさんのおかげ。さんまさんもいます。気持ちはすごく分かる」と理解を示したが「本当に辛くてしんどいですけど、松本さんのマネジャーじゃなくて会社のトップで、社員、家族がいる。若手芸人、その家族、生活があるんです。そしたら経営側は絶対変わらないとダメ。その状況が行われないなら僕は退社します」と断言。「昨日ずっと考えてて思いました。松本さんに意見するような感じになってしまって申し訳ないが、ぼくはそのような気持ちです」と強く訴えていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス