文字サイズ

加藤浩次、岡本社長は「若手芸人とか皆怖がっている」「そういうことをする人です」

 極楽とんぼの加藤浩次が22日、日本テレビ系「スッキリ」で、雨上がり決死隊・宮迫博之とロンドンブーツ1号2号の田村亮に対し会社主導の引退会見か契約解除の2択を突きつけたとされる同社の岡本昭彦社長について「こういうことをする人です」と人となりを明かした。

 番組では冒頭から宮迫と亮の会見について特集。その中で、岡本社長が会見を求めた亮に対し「お前らテープ回してないか」「会見やってもいいが全員連帯責任でクビにする」と発言したとされることに、加藤は「怒りしかない」「家族に言う言葉ですか?」と怒り心頭。

 更に会社側が宮迫と亮に対し、会社主導の引退会見か契約解除の選ぶように求め、会見のQ&A練習まで求めていたとしたことに、加藤は「おぞましい」「こんな会社あるのか」とまで言い切った。

 そして、この要求を突きつけた岡本社長について「ぼくはちょっと岡本さん、よく知ってますけど、そういうことをする人です」と断言。そして「若い子にそういうことしてるのを見たし、社員に恫喝みたいな『おい、お前ら』っていうのを言う人というのも知ってます」と、何度か怖い言葉で叱責している場面も見た事があるとした。

 「でも、こんな時は助けてくれる人だろうと。言葉は汚いけど助けてくれる人だろうと、俺は思ってたけどそうじゃない、そのままなんだと」と怒りをにじませていた。

 そしてそんな岡本社長のことを「若手芸人とか皆怖がっている。今の会社の状況、大崎(洋会長)さん、岡本さん、皆怖がってる。こんなんで楽しい笑いを届けられるのかなあ、今の体制で」とも語り「何か意見言ったら怒られるんじゃないか、潰されるんじゃないかと」若手や社員も怖がっているとして「それが続いていくと思ったら、この会社には居られない」とまで語っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス