文字サイズ

デーブ、亮暴露の「TV局が吉本株主」に持論「株手放すべき」「安全距離おかないと」

 タレントのデーブ・スペクターが21日、TBS系「サンデー・ジャポン」に出演。20日に反社会的勢力の宴席での闇営業問題に関して会見した、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が明かした「吉本の株主」について持論を展開した。

 20日の会見で宮迫と亮は18日に突然「引退か契約解除」の2択を迫られたと説明。亮は会社主導の引退会見のQ&A練習を提示され、希望したテレビの生放送やネット中継もかないそうにない中、吉本側から「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫やから」と言われたことを明かした。「なにが大丈夫なんか分からん」と不信感がつのったと説明していた。

 この件について、この日のサンジャポが報じ、デーブ・スペクターが「なんでテレビ局が株持ってる投資してるってのは…。前から知ってるんですけど、あってはいけないんです」と切り出し、持論を述べた。

 「10%持ってる局もある。トップダウンでキャスティング多いんですよ。なあなあの関係になるから、株すぐ手放すべきだと思うんですよ。安全距離置かないとダメだと思うんですよ」と述べた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス