文字サイズ

ロンブー亮 「会社に不信感しかない」と涙、会見をさせない吉本興業に

 会見に登場し謝罪する田村亮=都内
2枚

 反社会勢力のパーティーで会社を通さない闇営業をしていたとして、吉本興業との契約が解消となったお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が20日、謹慎処分中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)とともに東京都内で謝罪会見を開いた。2人は何度も会社に「会見をさせてほしい」と申し出たが、同社社長が開かせなかったとし、亮は「会社に不信感しかない」と泣きじゃくった。

 亮は「ラジオでも、淳にもうそをついた」と相方の名前を出し、苦楽をともにした相方への申し訳ない胸中を表した。

 また、宮迫と亮が自分達の弁護士を立てたことに、吉本側の弁護士から「残念。会社と所属タレントはファミリーだ」と会社側の考えを聞かされたことを述べ、「でも、ファミリーだというなら僕らは子どもです。会社は親です。親なら子どもが正しいことをするのを止めて欲しくない」とあふれる涙をぬぐった。「正しくできるように、背中を押してほしかった。なのに、止めるなんて。会社には不信感しかない」と裏切られたとの思いを述べた。時間だけが過ぎていくことに「僕は限界だった」と再び涙をぬぐった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス