文字サイズ

東野幸治は号泣「会見したいとなったらさせてほしい…」松本と生番組で訴え

 ダウンタウン・松本人志、タレント・東野幸治が21日、フジテレビの「ワイドナショー」(毎週日曜、午前10時~)に出演。20日、反社会的勢力の宴席での闇営業が発覚し、吉本興業から契約を解消された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、謹慎処分を受けているロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)の会見を受け、番組は急きょ、緊急生放送となった。

 番組の途中では東野が後輩を思って涙をこらえきれない場面もあった。「つらいときに会見をしたいとなったらさせてあげてほしいし、横柄な態度とかそういう方がいらっしゃったら、スタッフやタレント、一般の方とかにも、言ってもらったら。今田さんやさんまさんとかに言っていただいたら話しやすいし」と涙ながらに語った。

 続けて吉本興業の大崎会長や岡本社長との関係にも言及。「僕と松本さんは大崎さん、岡本さんと一緒にやってきたのでやりやすいし。若い人は難しいかも。大崎さんに通すにはかなりの人を介さないといけないから」と、語った。

 松本はふたりの会見を見て、吉本興業の上層部と会談。「断片的にみたが、知らなかった事実があまりにも多すぎて。(ふたりがやったことは)悪から善とは思えない。ここまで追い込んだ会社は絶対よくない。吉本興業は壊れていく、つぶれていく危機感は持った」「時代を読み間違えた会社なのかなと思った」とした。

 会社の上層部と21日深夜に会談。「芸人ファーストじゃないと何にもならない」と訴え、岡本社長の会見を要求。22日に実現することになった。 20日の会見では宮迫と亮が号泣しながら全面謝罪するとともに、吉本興業から受けた圧力も告発。吉本に金銭受領の事実を伝えて謝罪会見を希望したが、吉本が阻止。岡本昭彦社長から会見すれば「全員クビ」と通告されたことも明かされた。2日前に突然「引退か契約解除」の2択を迫られ、吉本を辞めての会見に至ったと説明した。

 番組終了時、松本は「大変な、長い1日でした。きょう来る前、指原からメールが来てて『松本さん泣かないでね』と。そしたら東野が横で号泣するという」と笑い、東野は「いや、年取ったなあ。あまりにも世の中の人があの子らのことを忘れてると思うし。2700とかスリムとか会見させてあげたいなと。ただ、僕が思うのは、宮迫も言うてましたが、写真週刊誌も出す時に裏を取ったりしてもらえたら。1人の人生がかかっているので」と訴えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス