文字サイズ

【7月20日のなつぞら】第96話 短編映画が完成!メンバーに打ち明けた麻子の思いとは

 NHK連続テレビ小説の100作目となる「なつぞら」(月曜~土曜8時)。7月20日は第96話が放送される。若手との新しい現場を経験した麻子に、何が起きている?

 なつ(広瀬すず)たちの手掛ける短編映画に声を吹き込む作業が進められている。声優は咲太郎(岡田将生)の立ち上げた事務所から蘭子(鈴木杏樹)たちが担当し、ついに作品が完成する。仕事を終えたなつたち東洋動画のメンバーは、束の間の休息としてハイキングに行くことに。制作中は何度もぶつかった麻子(貫地谷しほり)や坂場(中川大志)も、一緒にバレーボールに参加し笑い合う。そんななか、麻子はメンバーにある思いを打ち明ける。

 「なつぞら」は戦災孤児だったなつが、広大な北海道の大自然のなか、次第に絵を描くことに目覚め、やがてアニメーションの世界を開拓していく物語。作品のテーマである「開拓」と「未来のつながり」を、ヒロイン役の広瀬すずが瑞々しい感性で演じる。語りは、紅白の司会が記憶に新しいウッチャンこと内村光良が初挑戦。主題歌は朝ドラの大ファンという草野マサムネがボーカル&ギターを務めるスピッツの「優しいあの子」と、見逃せない話題作となっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス